鹿屋までステップで戻っていた

鹿屋が一歩近づいていると思うなら、それは2つのステップのように思えます。


そのような人と。


それに触れようとすると、そこから離れます。


鹿屋のような人と。


私は泣きたいと思っても泣くことはできません。


途中で元に戻っていた抱擁とキスは、躊躇しています。


鹿屋は重いとは思わないでください。


いつも笑顔で。


私はあなたに再び会うことができると思う楽しみの部分だけを示すことができます。


そんなことはうまくいきませんが。

有名な元・鹿屋副市長

 

コメント